電話代行サービスの選び方

subpage01

電話代行サービスを導入する際は、自分が必要とする理想の会社を見つけるために、いくつかのポイントを踏まえた上で選ぶことが大切です。

会社の営業の人の言われるままに契約することは避けて、サービスを利用する理由を第一にして選びます。



まずは目的や自社の状況を考慮し、自社の状況から効率の良い伝言の方法を考えたり、どのような問い合わせが多いのか、などの点を検討項目の基準にします。


また、月にどれくらいの電話がかかってくるのかを判断して、回数の少ないプランから始めるという方法もあります。電話代行を選ぶ際は、料金が安いという理由で妥協してしまうと、信用を無くすことや時間を割かれる場合もあるので注意が必要です。



そして、電話代行サービスを提供している会社の体制をしっかりと確認することも必要です。

例えば、業務に自信がない会社は、来社での内容の説明や契約することを断る場合が多いとされています。

資料の送付を依頼したとしても、内容がよく分からないチラシと、簡易なパンフレットが送られてくることもあります。

そのため、内容の説明や料金設定など、自分が知りたい情報が記載されているかをしっかりと確かめることが大事です。


品質に自信のある会社は、来社での説明や契約を快く受けてくれるところが多いです。

さらに、基本料金に含まれる内容を比べて、月額の料金にオプション料などが加算されるのかどうかも大切なポイントなので、きちんとチェックする必要があります。また、良心的な電話代行サービスの会社は、疑問点を質問した時にきちんと回答してくれる場合が多く、その点も判断基準になります。